英語を必要とする薬剤師の求人とは

1000万円の年収も難しくない外資系のMR

薬剤師の求人でも英語力が必要になることが増えている外資系の製薬会社で働く場合、学歴も重視される1000万円の年収も難しくない外資系のMRまずは外資系製薬会社のサイトをまめにチェック

営業の仕事もあります。
これはMRと呼ばれて、日本の製薬会社でも求人を出しています。
MRの仕事の場合は、ややハードルが低くなります。
語学力はもちろん必要ですが、それよりもコミュニケーションのスキルが重視されます。
英語のコミュニケーションのスキルだけではなく、日本語のコミュニケーションのスキルも重視されます。
ただし、完璧に言葉を操る能力は求められません。
営業の要素が強いので、多くの人にアピールできる言葉を使える人が求められます。
外資系のMRの仕事だったら、成果を出せば年収がどんどん上がっていきます。
1000万円の年収を得るのもそれほど難しいことではありません。
薬剤師の方だったら、自分の薬の知識を生かせるので、他の職業から転職してくる人にくらべて著しく有利になります。
上記に述べたような仕事を探すときは、自分で積極的に情報を集めましょう。

理系の転職なら