英語を必要とする薬剤師の求人とは

外資系の製薬会社で働く場合、学歴も重視される

薬剤師の求人でも英語力が必要になることが増えている外資系の製薬会社で働く場合、学歴も重視される1000万円の年収も難しくない外資系のMRまずは外資系製薬会社のサイトをまめにチェック

薬学のような専門的なことを英語で表現するのは簡単ではありません。
特に特許の文書のような専門的な書類の作成だったら、法的に不備のない英語を書くことが求められます。
特殊な仕事になるので報酬は非常に高いです。
年収が1000万円を超えることがあります。
語学と薬学の両方に堪能な人の数は少ないので、非常に貴重な人材として評価されるでしょう。
ただし、どちらの分野においてもエキスパートとして働くことを求められます。
外資系の製薬会社で働くときは、学歴も重視されます。
薬学に関する修士号か博士号を持っていれば、有利です。
大卒の方でも採用される場合がありますが、大学院卒の方にくらべて不利になります。
英語力に関して言えば、TOEICで800点以上のスコアが望ましいです。
800点は日本人にとっては難しいレベルですが、外資系の会社に入って活躍するためにはこの程度を点数を取っておくことがどうしても必要です。
自分の考えや思っていることを自由に伝える能力がなければ、仕事をすることはできません。